新着情報

2019年

2019年3月26日
松浦翔太が原子核工学コース修士課程修了優秀学生表彰で最優勝賞に表彰されました。
2019年3月8日
中野秀仁が「日本原子力学会 関東・甲越支部 第12回学生研究発表会」において発表し奨励賞に表彰されました。

2018年

2018年11月30日
Gerard Roviraが「2018年度核データ研究会」において最優秀ポスター賞に表彰されました。
2018年4月4日
児玉有君と中野秀仁君が研究室に加わりました。
2018年3月27日
Gerard Roviraが「日本原子力学会 2018年春の年会」において237Npの中性子捕獲断面積測定について発表しました。

2017年

2017年11月27日-12月1日
片渕が、ロスアラモス国立研究所を訪問してきました。
2017年10月19日
Brian HalesのBNCT用オンライン線量イメージングシステムに関する論文がNuclear Instruments and Methods in Physics Research Section Aに掲載されました。
2017年9月22日
ベトナムからの留学生 Le Bao Viet君が研究室に加わりました。
2017年9月20日
片渕が、上海で開催された国際会議CGS16において185Reの中性子捕獲断面積測定について発表しました。
2017年9月16日
国際会議ND2016のproceedingsが発行されました。下記の論文に主著もしくは共著で加わっています。
2017年9月13日
片渕が「日本原子力学会 2017年秋の大会」において128Teの中性子捕獲断面積測定について発表しました。
2017年8月30日
「核変換システム開発のための長寿命MA核種の高速中性子捕獲反応データの精度向上に関する研究」が平成29年度「国家課題対応型研究開発推進事業(原子力システム研究開発事業)」の課題として採択されました。
2017年6月30日
松浦翔太君が研究室に加わりました。
2017年4月4日
スペインからの留学生 Gerard Rovira Leveroni君が研究室に加わりました。
2017年3月29日
片渕が「日本原子力学会2017年春の年会」において99Tcの中性子捕獲断面積測定について発表しました。
2017年3月28日
武部花凛が「日本原子力学会2017年春の年会」において185Reおよび187Reの中性子捕獲断面積測定について発表しました。
2016年11月11日
齋藤辰宏の7Li(p,n)7Be中性子源からのガンマ線スペクトル及び発生量に関する論文がJournal of Nuclear Science and Technologyに掲載されました。