片渕研究室へようこそ

片渕研究室では中性子ビームを用いた実験を軸に研究を展開しています。特に加速器中性子源を用いて中性子捕獲反応の研究を行っています。中性子捕獲反応は中性子が物質中の原子核と起こす反応の一つで原子核工学や宇宙元素合成において重要な役割を果たします。

また、近年注目されている中性子ビームを用いた放射線治療であるホウ素中性子捕捉療法に関連した研究も行っています。

実験は東工大先導原子力研究所にあるペレトロン加速器や茨城県東海村にある大強度陽子加速器施設J-PARCで実験を行っています。

研究室見学は随時受け付けています。お気軽にご連絡下さい。

博士課程2年の中野秀仁さんが日本学術振興会特別研究員(DC2)に採用されました。

NEW!Am-243の中性子捕獲断面積に関する論文が学術誌に掲載されました。→論文のページ。博士課程学生の児玉有さんが筆答著者です。

NEW!twitterをはじめました。興味のある方はフォローお願いします。

研究室紹介が融合理工学系のホームページに掲載されました。

連絡先

〒152-8550 東京都目黒区大岡山2-12-1 N1-26
東京工業大学 先導原子力研究所 北1号館311号室
Tel: 03-5734-3378
email: buchi[atmark]lane.iir.titech.ac.jp
[atmark]を@に変えてください。